1. トップ
  2. 製品情報
  3. 製品一覧
  4. ホブ盤
  5. KN80
image image

6軸CNCホブ盤

KN80

小型ギヤの加工に最適
省エネタイプの完全ドライカットホブ盤
※オプション仕様としてウエットカット、
ドライ&ウエットカットも可能です

切削できる最大径
80mm
切削できる最大ピッチ
モジュール 4
  • 製品特長
  • 製品仕様
  • カタログ・
    お問い合わせ

製品特長

詳細はアイコンを
クリックしてご覧ください。

  • 縦型ホブ盤

    縦型
    ホブ盤

  • 摺動面きさげ加工

    摺動面
    きさげ加工

  • テーブルB/E

    テーブル
    B/E

  • 自動化

    自動化

  • 機内面取り装置

    機内面取り
    装置

  • ハードホビング

    ハード
    ホビング

  • 加工プログラム

    加工
    プログラム

代表的加工対象ワーク

・ステアリングピニオン
・ギヤードモータ
・小型減速機歯車
・二輪車用歯車

高速加工

機械間口1,800mmの小型ホブ盤ながら、ホブ軸容量5.5kW、ホブ最高回転数 2,660rpm、テーブル最高回転数 330rpmと高速加工に最適な機械仕様は、小径、多刃、多条コーティングホブの使用時にその能力を最大限に発揮し、加工時間を大幅に短縮することができます。また、焼入れ後の歯車仕上げ加工をホブ切りで行うことにより、従来の歯車研削に代わり、ローコストで焼き入れ歯車の精度、品質の向上がはかれます。

コラムとサポートの一体化構造・熱剛性と作業性の向上

コラムとサポートを一体化構造にすることにより、熱剛性が高まり、コールドスタートからのO.B.D.値(歯厚)の熱変位を最小限に抑えて、安定した加工精度を得ることができます。また、機械右側の広い開放部は機内での作業性が良く、オートローダ等のワーク搬送装置も省スペースで取り付けられます。

省エネ化

地球温暖化問題などの地球環境への配慮として、当社は省エネタイプのホブ盤の開発に取り組んでいます。KN80は従来機と比較して、40%の電力消費量の低減を実現したホブ盤です。

高速高精度ホブヘッド・ワークテーブル(オプション)

【KN80高速高精度仕様】
小モジュールギヤの高速高精度加工を対象として、ビルトインスピンドルモータを採用した高精度ホブヘッドやビルトインサーボモータによる高精度ワークテーブルのオプション仕様が可能です。ホブヘッドとワークテーブルのダイレクトドライブ化により、歯車研削並みの高精度な仕上ホブ切りや、ハードホビングが行えます。

機内面取装置(オプション仕様)

3ステーションのアームローダの採用により、ホブ切り中の面取り・バリ取りが可能です。機械の空きスペースを有効活用し、面取り工具軸とバリ取り工具軸を独立させることで、機械正面操作側より、工具の段替えと調整を容易に行う事ができます。また、ホブ切りと面取り・バリ取りの複合化で、ライン長さとサイクルタイムの短縮化が図れます。

製品仕様

  • 能力

    切削できる最大径

    80mm

    切削できる最大ピッチ

    モジュール 4

    ホブサドル垂直移動距離

    200mm

    ホブヘッド傾け角度

    ±45°

    取り付けできるホブ直径×長さ

    110×180mm

    ホブシフト距離

    130mm

    ホブ回転速度

    200~2660rpm

    テーブル最高回転速度

    330rpm

    本体重量

    6000kg

    所要床面積(間口×奥行×高さ)

    1950×2370×2600mm

製品カタログ

ダウンロードリンク先のフォームに必要事項をご記入いただくことで、
製品カタログのPDFデータをダウンロードすることができます。

この製品に関するお問い合わせ

迅速なご回答に努めてはいますが、お問い合わせ内容によっては回答に時間を要する場合もありますのでご了承下さい。
また、弊社休業日中にお問い合わせされた内容については、翌営業日以降の対応とさせて頂きます。

製品一覧に戻る

CATALOGS

製品カタログ一覧を見る

製品カタログ一覧のアイコン 製品カタログ一覧を見る

CONTACT

各種お問い合わせ

各種お問い合わせのアイコン 問い合わせる
image

縦型ホブ盤

縦型ホブ盤はワーク軸が垂直な為、横型ホブ盤と比較して、治具やワーク、ホブの交換が容易で、短時間に精度良く組付けることができます。
また、ホブヘッドとワーク軸の接近性が良く作業性に優れており、オートローダやワーク払い出し装置等の付属品にも操作性を落とすことなく使用できます。

image
image

摺動面きさげ加工

カシフジでは、きさげ加工を施した摺動面を採用し、ホブ切り特有の断続切削に対し高い減衰性・吸振性に優れた構造にしています。
このことにより、機械を長年にわたって高い精度を保ちながらお使い頂けます。

一般に、機械加工では加工時に発生する摩擦熱や内部応力、また、温度・湿度変化などの影響により、加工できる精度に限界があります。
このためカシフジでは、機械加工を越えた高精度な摺動面を得るためにきさげ加工仕上げを行っています。
きさげ加工とは、鈍角で幅広の刃先を持つ「きさげ(スクレーパ)」という工具を使用して、手作業で金属の表面をごく少量ずつ1~3μm程度を削り取っていき、理想的な平面度、真直度を持つ高精度な摺動面に仕上げる加工です。しかも、きさげ加工表面には「アタリ」と呼ばれる小さく浅いミゾが分布し、これが油だまりとなり、すべり面潤滑が良くなるという特長があり、一層の摺動性能の向上となります。

image
image

きさげ加工仕上げは、赤色の光明丹顔料をきさげ加工する摺動面に塗り、次に基準となる相手面に摺り合せて、「黒アタリ」と呼ばれる色が落ちた凸部分を、きさげで削り取ります。
この「摺り合せ作業」を何度も繰り返すことで、黒アタリ部分の濃淡は均一となり、摺動面積に対するパーセント当たりを30%程度とすることで、極めて高い平面精度や真直度を得ることができます。

カシフジのきさげ職人は、削り取る材質や温度等の微妙な条件に応じて、きさげを押し込んだときに削り取るミクロン単位の量を調整して、正確で自由な形状を作ることができます。また、きさげ加工面の微妙なきさげ模様も、職人ひとりひとり異なります。そのような一人前のきさげ職人になるには長い年月がかかり、簡単には真似できない熟練技術の蓄積が要求されるところに、きさげ加工が「匠の技」と呼ばれるゆえんがあります。

image

テーブルB/E(テーブルバックラッシュ除去装置)

カシフジ独自開発のバックラッシュを "0" にする油圧式特殊二分割ウォーム方式のバックラッシュ除去装置をワークテーブル軸に採用しています。

バックラッシュ除去装置は、ワークテーブル軸回転の振動を抑えて、スムースで高精度なワークテーブルの回転を確保します。
また、回転精度は経年変化せず、メンテナンスフリーとなっています。

特に、大径ワーク、スカイビングホブ切り、及び逆巻き(ホブとワークのネジレ角が逆)の切削の際に、安定した歯車加工精度を生み出します。

image
image

自動化

各種デザインの中から、ワーク自動搬送交換のために最適なオートローダやコンベアーやオートストッカーを搭載して、生産工程の省力化・自動化を図ることができます。

基本形2アームローダ
(KN80、KN152)

image

基本形リングローダ
(KE201/251、KA220/400)

image

穴付きワークの搬送例

image

穴付きワークの搬送例

image

軸付きワークの搬送例

image

軸付きワークの搬送例

image
image

機内面取装置(オプション仕様)

<フレージングカッターによる塑性加工方式>
オートローダー装置の採用により、ホブ切り中の面取り・バリ取り加工が可能です。機械の空きスペースを有効利用し、面取り工具軸とバリ取り工具軸を独立させることで、機械正面操作側より、工具の段替えと調整を容易に行うことができます。また、ホブ切りと面取り・バリ取りの複合化で、ライン長さとサイクルタイムの短縮化が図れます。

image
image

ホブヘッド下に面取装置を搭載することにより、機内にてホブ切り後の面取り及び空きスペースでバリ取り工程、さらに、バリ取りによって発生した二次バリを再ホブ切りで除去することが可能です。二次バリの除去により、歯車研削やホーニングなどの仕上工程で、熱処理で硬化した歯面側の二次バリが砥石を損傷させることを防ぎ、工具寿命の向上に貢献します。ホブ切り加工と面取り・バリ取り加工の複合化により、ライン長さが短縮されます。また、軸物ギヤについても対応可能です。

image

<超硬ロータリーバーによる倣い切削方式>
オートローダー装置の採用により、ホブ切り中の面取り加工が可能です。機械の空きスペースを有効利用し、加工ワーク上端面側と下端面側加工用の超硬ロータリーバーを回転させながら、軽く加工ワークに当てて倣い加工を行います。加工ワークが変更となっても同じツールで面取り加工が可能。

image

ハードホビング

ハードホビングとは、焼き入れ後の歯車のホブ切りによる歯車仕上げ加工のことです。


超硬ボブで、焼入れされた歯面を仕上げホブ切りする方法(通称:サラエ切り加工)と、焼き入れされたブランクを直接にホブ切りする方法(通称:ブツ切り加工)があります。 カシフジの高精度ホブ盤と、独自開発の非接触センサーを採用した自動ワーク位相合せ装置により、高速かつ安全な歯合せ作業を実現しています。

サラエ切り加工

image

ブツ切り加工

image

自動ワーク位相合せ装置

image
image

加工プログラム

加工プログラムは、ワーク・ホブ諸元、及び切削条件を入力するだけで完成します。
プログラム作成後は、ワーク番号の指定を行うと、直ちに歯切り加工が自動で行われます。

オプションの加工プログラムソフトを選択するとクラウニングやレリービング、テーパー加工も容易にできます。
量産加工から特殊加工まで幅広い加工が可能な、シンプルで使いやすい機能を搭載しています。

image
image